技術情報

黒色化比較

  

めっきの選び方黒色化比較

 

めっき及び金属表面処理としての黒色化方法として、黒染め、黒ニッケル、黒クロム、黒亜鉛、黒アルマイト、黒硬質アルマイト、ブラックモリブテン、レイデント等の処理がある。その主な特徴を下記に示す。

 
っきの種類 素材 標準膜厚
(μm)
特徴・および弱点
黒染め SS、Cu、SUS 1µm以下

・均一性あり   

 ・簡易防錆(さびやすい)

・安価である 

・Cu、SUS材の場合、小物は問題ないが若干の黒色化が悪い

黒ニッケル SS、Cu、SUS、Al 5~10µm

・無光沢 

・コストが高い 

・熱吸収性がよい

黒クロム SS、Cu、SUS、Al 5~10µm

・耐磨耗性がよい

・定電流部でのムラが出やすい

・耐食性が良い

・コストが高い

・熱吸収性がよい

黒亜鉛 SS、Cu、SUS、Al 5~10µm

・耐食性が良い

・色ムラが少ない

・黒ニッケル、黒クロムより安価である

黒アルマイト Al 12~18µm

色調が一定である

・均一性がある

・つきまわりが良い

黒硬質アルマイト Al 15~35µm

上記の黒アルマイトの特徴以外に

・耐磨耗性がよい

ブラックモリブデン SS、Al 2~3µm

・薄い皮膜の均一性が非常によい

・耐候性が良い

・色調が一定である

レイデント SS 2~3µm 薄い皮膜の均一性が非常によい
※硬度の関係よりめっきを選ぶ場合にその適正膜厚と最低膜厚を示した。材質ss,sus,アルミ材等により前処理が違う為、若干の膜厚差があるが0.5μm以下でほぼ無視できる。